ダンプカーとトラックの違い

ダンプカーとトラックの違い

トラックは、『貨物自動車全般』を指す言葉です。
後ろに荷台があって、荷物を積載できる形になっていれば、全て『トラック』と呼びます。
つまりトラックとは車両の種類であり、一般車両と区別ために貨物車両をトラックと呼んでいると捉えると良いですね。

 

では、ダンプカーはどんな車両でしょう。
トラックとダンプカーを混同している方は、意外と多くいます。
ただ、呼び方の違いだと思っている方もいるのではないでしょうか。

 

『ダンプ』とは、英語で『一気にドサッと荷物を下ろす』という意味を持つ『dump』が由来となっています。
つまり、荷台ごと斜めに持ち上がって、後ろにドサッと荷物を下ろすことができる貨物車両を『ダンプ』と言うのです。
荷台を斜めに持ち上げることを俗に「ダンプする」と言い、砂や砂利などを積載して運び、ダンプして下ろすことができる車両です。
かつては、ダンプカーというものがなく、トラックの左右と後ろについているあおり(荷台の左右・後ろの動いて開くようになっている部分)を開いて、スコップなどで人が荷台から砂や砂利を下ろしていました。
荷台が可動するようになり、ダンプカーの出現で作業の効率化が図られました。
自動で荷台を持ち上げることができる『トラック』を『ダンプカー』と言います。

 

工事用の砂利を運搬する車両は、ダンプカーの代表的なものですね。
工事現場などで資材を運搬する大型車両を『ダンプカー』だと思いがちですが、資材を運搬していても荷台が持ち上がらなければ『ダンプカー』ではありません。

 

しかし、『ダンプカー』は『トラック』の仲間ではあります。
トラックの種類であると認識すると良いですね。