ダンプカーの積載量

ダンプカーの積載量

トラックは、荷物を運ぶことを目的とした車両です。
道路法などにより、道路や橋梁は使用される目的に合わせて基準があり、基準に合わせた設計により作られ管理されているため、人や車両の通行の安全が確保されていると言えるでしょう。
トラックが走行するとき、公の道路や橋などに損傷を与えないよう、トラックの大きさや重量が定められています。

 

ここで出てくるのが、重量に関する規定です。
重量に関する規定は、『車両重量』と『車両総重量』で異なります。

 

◎車両重量・・・・トラックが走れる状態の重さで、燃料・オイル・水など、および荷台が含まれます。
         乗員・荷物・工具・スペアタイヤなどは、一切含まれません。

 

◎車両総重量・・・トラック車両重量に乗車が許される定員、および最大積載量の荷物を積んだ走行状態での全重量を指します。

 

車両総重量=車両重量+乗車定員×55kg+最大積載量

 

ほとんどのトラックメーカーでは、車両重量や積載量の設計を、車両総重量の決められた重さ以下になるようにしています。
大型トラック・・・車両総重量25t以下
中型トラック・・・8t未満
小型トラック・・・4〜5t程度

 

トラックに積める荷物の最大の重さを、『最大積載量』と言います。
最大積載量は、車両総重量と車両重量によって、車両ごとに違います。
最大積載量を超過した荷物を積んで走行すると、法律違反となります。

 

○大型トラック
車両総重量は通常20t、最大で25tと決められています。
ですから、車両重量と乗車定員次第で、最大積載量が分かりますね。

 

○中型トラック
中型トラックは、通称4tトラックと呼ばれています。
4tトラックは、大体4tくらいまで積むことができますが、必ずしも4t積めるというものではありません。
中型トラックの車両総重量は8t未満になるよう作られており、車両重量がクレーンなどの架装によって重くなり、大体4tくらい積めるということです。
現在は道路交通法の改正により、中型自動車の車両総重量が11t未満となっているので、荷物を4t以上積めるトラックが作られています。

 

○小型トラック
小型トラックの積載量は、2t以下です。