ダンプお役立ちコラム

ダンプお役立ちコラム記事一覧

ダンプカーの免許について|どこよりも高額なダンプ買取業者とは?

ダンプカーというのは 正式には『ダンプトラック』と言います。『ダンプトラック』とは、荷台が斜めに傾いてダンプアップし、荷台に積載してある砕石や砂利や砂などの積載物を降ろせるものです。サイズは、軽トラックから大きいもので300tを超えるダンプトラックまで。さて、ダンプトラックを運転するための免許ですが...

≫続きを読む

ダンプカーの積載量|どこよりも高額なダンプ買取業者とは?

トラックは、荷物を運ぶことを目的とした車両です。道路法などにより、道路や橋梁は使用される目的に合わせて基準があり、基準に合わせた設計により作られ管理されているため、人や車両の通行の安全が確保されていると言えるでしょう。トラックが走行するとき、公の道路や橋などに損傷を与えないよう、トラックの大きさや重...

≫続きを読む

ダンプカーの燃費|どこよりも高額なダンプ買取業者とは?

重量別トラックの燃費は、2tトラックで約10km/l、4tトラックで約7km/l、10t超トラックで約4km/lです。これは、各メーカーのおおよその平均だとお考えください。ダンプカーは、実は非常に高価なものです。10tのダンプカーで1000万〜1500万円が相場ですね。中古だとしても、500万〜10...

≫続きを読む

ダンプカーのあおりとは?|どこよりも高額なダンプ買取業者とは?

トラックの荷台には、荷物を積載して走行します。あおりとは、荷物を下ろす際に下に切り開く扉状のものを言います。一般的には、トラックの荷台は左右と後の3ヶ所にあおりが付いており、開くことができるようになっています。大型車には、左右4枚のあおりが付いています。トラックにダンプが無いころには、あおりを開いた...

≫続きを読む

ダンプ規制法について|どこよりも高額なダンプ買取業者とは?

日本では、道路交通法により普通ダンプカーの最大積載量は11トンまでと定められています。その他の法令に関しても、「ダンプ規制法(土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の防止等に関する特別措置法)」と呼ばれる法律が存在していて、大型自動車に区分されるダンプカーが公道を走行する際は、荷台に表示番号を表示...

≫続きを読む

ダンプカーとトラックの違い|どこよりも高額なダンプ買取業者とは?

トラックは、『貨物自動車全般』を指す言葉です。後ろに荷台があって、荷物を積載できる形になっていれば、全て『トラック』と呼びます。つまりトラックとは車両の種類であり、一般車両と区別ために貨物車両をトラックと呼んでいると捉えると良いですね。では、ダンプカーはどんな車両でしょう。トラックとダンプカーを混同...

≫続きを読む

ダンプカーの種類|どこよりも高額なダンプ買取業者とは?

トラックのダンプカーは、大変馴染みのある特殊架装ではないでしょうか。しかし、ダンプカーに10種類以上の種類があることは、意外と知られていませんね。様々なダンプカーについて、お話ししましょう。そもそもダンプカーというのは、荷台に砂や砂利などの荷物を積載して、荷台ごと斜めに傾ける(ダンプする)ことによっ...

≫続きを読む

ダンプカーの耐用年数|どこよりも高額なダンプ買取業者とは?

ダンプカーの耐用年数は、4年です。耐用年数に関して、自動車は4つの区分に分けられています。・小型車(660cc以下軽自動車):4年・貨物車(荷台が持ち上がるダンプカー):4年    (その他トラックや4ナンバーのバン):5年・報道用通信用(報道用車両):5年・その他の車両(上記以外・普通車):6年耐...

≫続きを読む

重ダンプの免許について|どこよりも高額なダンプ買取業者とは?

ダンプカーとは、荷台を傾けて荷物を一気に下ろすことができるトラックのことです。一般的に見かけるダンプカーは普通ダンプカーで、これは一般道を走ることを前提としており、砂や砂利の運搬のために使われます。最大積載量11tまでとし、これ以上の大きさのものは重ダンプカーと言います。重ダンプカーは、最大積載量1...

≫続きを読む

普通ダンプトラックと重ダンプトラックの違い|どこよりも高額なダンプ買取業者とは?

ダンプカーは、トラックの一種です。トラックにはいろいろな種類があり、その中にダンプカーがあります。ダンプとは、英語の『dump』が由来になっており、『一気に荷物をドサッと下ろす』という意味があります。ダンプカーは荷台が傾いて、荷台の荷物を一気に下ろすことができるトラックです。荷台の左右と後ろが、あお...

≫続きを読む